転職コラム

転職は何歳まで可能?ケース別に解説

2020.06.10

転職を考えたとき、ふと自分の年齢のことが頭をよぎって転職に踏み切れない方もいるのではないでしょうか。人材不足といわれる現在では、ミドル世代やシニア世代の需要も高まってきており、年齢は重要視する必要はないという意見があります。しかし、一説では28歳、30歳、32歳、35歳がそれぞれ「転職限界年齢」だとも言われています。35歳以上になると、転職するのは困難なのでしょうか。

転職には限界年齢がある?それぞれの年齢や男女差を調査

企業の求人を見てみると、募集内容に年齢を設けている企業もあれば、年齢不問で人材を募集している企業もあります。実際に40代や50代でも転職を成功させている人も多くいるため、「転職が絶対にできない」というような年齢制限はありません。しかし、年齢を採用基準として重視している企業があるのも確かです。これは、同じスキルを持っていても年齢が若い人の方が長く勤務できるという「将来性」が関係していると考えられます。

次に「年上の部下を避けるため」です。業務が円滑に進められることも考慮し、若手を採用することが少なくないようです。

転職の限界年齢説とその理由とは?

転職するにあたり限界とされる年齢説がいくつかあるのはご存知でしょうか。これらはあくまで一説にすぎませんが、その年齢と理由は把握しておくといいでしょう。

転職限界説 28歳

20代のうちは、自分の得意分野や可能性を探し、スキルを身に着けて磨く「キャリア探索期」にあたります。つまり、28歳においては転職の限界年齢というわけではなく、「転職を考える目安である」と言えます。

転職限界説 32歳

年功序列の文化が根強く残っている企業では、「年下の上司」や、「年上の部下」を敬遠するケースがあります。つまり、32歳は「年下上司・年上部下が生まれない一歩手前な年齢」であるのです。

転職限界説 35歳

転職限界説として最もよく聞く35歳ですが、これは、定年までの年数が25年を切ってしまうため、スキルアップや経験を積むには不利であるという考えからきています。しかし、現在では転職者の4人に1人は35歳であるため、特に気にする必要はありません。

男女別で転職の年齢に違いはある?

転職年齢に関しての男性と女性の違いは、厚生労働省が発表した「平成29年雇用動向調査結果の概況」によれば、女性の転職率は60代以上の各年代で男性より高くなっており、すべての年代で一般労働者よりもパート労働者の方が高くなっています。中でも、20代女性のパートの女性労働者は20%を超える転職率となっています。

近年は転職の年齢が上がっている?まずは平均値を調べよう

転職を成し遂げられた年齢は、平均的に34歳以下が多くなっています。転職をした男性のうち、最も多くなっているのが25歳から29歳で15.4%、続いて20歳から24歳で14.1%となっており、女性の場合は25歳から29歳が最も多く17.2%、続いて多いのが20歳から24歳で14.7%となっています。このことから、20代で転職を考える人が男女ともに多くなっていることが伺い知れます。

しかし、以前は60歳が基本だった定年を65歳以上にする企業が増え、それに伴って「若手」の範囲が広がっていることや、「スキル」や「経験」が重要になってきたことから、35歳以上でも転職はしやすい環境になっているといえます。

転職に年齢は関係ある?転職活動の際の心構え

転職限界年齢という説があり、年齢を採用基準として重視している企業があるのも確かではありますが、年齢によって転職ができないというわけでは決してありません。

企業が人を求めるということは、現時点で人材が不足している状況にあるということです。転職希望者の年齢によって求められているものが異なり、20代が仕事に対するやる気や熱意、将来性を求められているのに対し、30代、40代にはスキルや経験が求められています。

転職は年齢よりもスキルや柔軟性が大事

転職には、即戦力に繋がるスキルや経験が求められます。

20代までの「若手」であれば、仕事への「意欲の高さ」や、積極的に学びたいという姿勢を見せることで「将来性」をかわれて採用されることがあります。しかし30代以上になると、これまで培ってきたスキルや経験を活かした即戦力になることを期待されます。どんな業界でも社会人としての基礎的な部分である「ポータルスキル」があれば、例え未経験の業種や職種であったとしても、転職できる可能性は高いのです。

ポータルスキルとは、チームやプロジェクトなどを率先して進められる「マネジメント能力」、社員をマネジメントする立場になれるような「コミュニケーション能力」に加え、「問題解決力」、「論理的思考力」などのことです。また、ポータルスキルとともに、特定の分野の知識や技能の「専門スキル」も兼ねそろえておくことも大切になります。こうした実績を積んでいると転職する際に「もっと条件の良い会社に行けるはず」と、ついつい高望みをしてしまいます。

しかし、あまり条件を増やしてしまうと該当する企業がどんどん絞られてしまいますので転職する際には、条件は「絶対に譲れないもの」を3つ程度にして、欲張り過ぎずに広い視野で転職先を探すということが重要です。

転職の際は年齢を気にしすぎない

ミドル世代、シニア世代のスキルや経験などの能力が注目されている現在、転職限界年齢を気にし過ぎて萎縮する必要はありません。年齢のことをだけを重大であるかのように考えて踏み出せなかったり、タイミングを逃してしまったりしないために、これまで培ってきた経験やスキルを改めて確認していくことも重要です。「ポータルスキル」や「専門スキル」に加え、「取得した資格」、「人脈」などの経験やスキルをアピールしましょう。

中には、年齢に重きを置いている企業もありますが、それは企業の方針だと割り切って、自分に合った企業探しを優先してください。

転職するからには待遇も給与もアップさせたいと思うものですが、そこばかりに目を向けてしまうと自分の持っているスキルが発揮できない転職先を選んでしまうことも考えられます。好条件ばかりに目を向けずに、長い目で見て自分に最も適した転職先を探しましょう。

転職の年齢はケースバイケース!まずは企業をリサーチ

転職する際に重要なのが、徹底的に情報収集することです。情報収集をしているか・していないかは大きな違いとなり、結果を左右するカギになります。後々「こんなはずではなかった」と後悔しないためにも、転職を考えている業界や職種の求人状況、応募概要などを細かくチェックしましょう。

昨今は年齢に関係なく、スキルや経験を重視した企業が多くなっているので、自分のスキルや経験を再確認し、アピールできるポイントを整理することも大切です。

まとめ

年齢が上がれば、その分転職することは難しいというイメージがあります。しかし、転職者の4人に1人は35歳以上であるというデータは、今後転職に踏み出したい人や踏み出す人にとって勇気づけられるデータとなっているのではないでしょうか。ミドル世代やシニア世代の即戦力を期待する企業も増えてきていますので、必要以上に年齢を気にし過ぎて萎縮せず、転職活動をしてみることをおすすめします。

ピックアップ求人

ゴム資材の製造業務【時給¥1,200~】資格取得支援あり/採用強化中
# 資格取得支援 # 高収入 # 交通費支給 # 年齢不問 # 制服貸与 # 5名以上募集

製造・組立・検査、製造・物流・…

ゴム資材の製造業務【時給¥1,200~】資格取得支援あ…

  • 時給1,200円~
  • 福島県二本松市太田 ※二本松…
  • 派遣社員
詳細を見る
【登録面接会実施】部品の組立、一般事務など
# 資格取得支援 # 高収入 # 交通費支給 # 年齢不問 # 社員登用あり # 制服貸与

製造・組立・検査、食品製造、仕…

【登録面接会実施】部品の組立、一般事務など

  • 時給950円~1,300円
  • 福島県内各地
  • 派遣社員
詳細を見る
自動車部品の製造
# 高収入 # 交通費支給 # 年齢不問 # 制服貸与 # 学歴不問 # 車通勤可能

製造・組立・検査、製造・物流・…

自動車部品の製造

  • 時給1,200円~
  • 福島県二本松市
  • 派遣社員
詳細を見る
ガラス繊維製品の製造
# 昇給あり # 高収入 # 交通費支給 # 年齢不問 # 社宅・寮あり # 制服貸与

製造・組立・検査、製造・物流・…

ガラス繊維製品の製造

  • 時給1,300円~ ※精勤手…
  • 福島県福島市西部
  • 派遣社員
詳細を見る
プラスチック製品の検査・製造
# 交通費支給 # 年齢不問 # 制服貸与 # 学歴不問 # 車通勤可能 # 女性活躍中

製造・組立・検査、製造・物流・…

プラスチック製品の検査・製造

  • 時給1,000円~
  • 福島県二本松市
  • 派遣社員
詳細を見る