派遣の基礎知識

派遣社員に対する印象の変化

2021.09.15

派遣社員として働くことを考える際、周りの方が派遣についてどういった印象を持っているのかが気になっているという方も多いのではないでしょうか。そこで、昔の派遣社員のイメージとその後の印象の変化、そして派遣という働き方のメリットについて考えていきます。あなたが派遣という働き方を検討する際の参考にしてみてください。

昔の派遣社員のイメージ

これまでの派遣社員の印象の多くに、「派遣は収入が安定しない」「派遣はいつクビにされるか分からない」「給料はいつになっても上がらない」といったものがありました。

ニュースなどでよく取り上げられる「派遣切り」という言葉のイメージや、派遣先との契約更新を繰り返さなければならない雇用形態も、企業の都合でクビを切られるという印象をさらに後押ししてきたようです。

しかし、これらのイメージには誤解も多く、また正社員だからといってこのような状況にならないという保証はない時代になってきました。例えば、成果が反映される給与形態の場合、正社員でも収入が安定しているとは言いにくいケースもありますし、ある日会社が倒産してしまう可能性もあります。

派遣社員だけが抱えているように思われてきたリスクは、正社員も同様に抱える時代になってきたと言えるでしょう。

そして、資格や経験があるスキルの高い派遣社員の場合、正社員より高い収入の方も多く、即戦力として活躍する派遣社員がいるからこそ成り立っている職場も非常に多くなっています。

そもそも派遣という働き方の始まりは、特別な資格や高いスキルを持った方たちが、高額な時給で専門的な仕事をすることでした。

その後時代の流れと共に、企業側が必要な時に必要な労働力を確保できる「派遣社員」を大量に採用するようになり、専門的な仕事以外でも派遣社員という働き方が定着しました。

つまり派遣社員と言っても様々な経験を積んだ方やスキルを持った方がいて、多種多様な職種で働いているために「派遣社員」という言葉で一括りにしてマイナスの印象を持ってしまうのは、早計と言わざるを得ません。

派遣社員のイメージの変化

では、現在の派遣社員の印象は、以前と比べてどう変化しているのでしょうか。最近ではワークライフバランスを重視した働き方を模索する方が増え、働き方の多様化が進む時代になってきました。

会社に守られていると同時に、縛られていると感じる正社員が増えています。サービス残業や気が進まない飲み会、行事への参加などがその原因の1つにあるようです。その縛りから逃れるために、あえて派遣社員を選択する方もいます。他にも、資格の勉強や家族の事情から、正社員ではなく派遣社員を選択することで、効率よく必要な分だけ働こうと考える方も増えています。

このように、これまでの「正社員=安定」という神話は崩れつつあり、同時に働き方改革の推進に伴い、社会全体が派遣社員を含む多様な雇用形態を受け入れるようになりつつあると言えるでしょう。

派遣社員の待遇と言えば、これまでは「正社員と比べて給料が少ない」「昇給がなく、どんなに頑張っても評価されない」「福利厚生や教育訓練サービスを受けられない」などのマイナス点が指摘されてきました。

しかし、2018年6月に成立した「働き方改革関連法」において、改正労働者派遣法に「同一労働同一賃金」に関する規定が定められました。これは、同じ企業で働く正社員と非正規社員の間での不合理な待遇差を解消することを目的としています。

すでに施行されており、待遇が改善し、より働きやすくなったと実感している方も増えているようです。将来的にますます待遇差が改善される可能性が期待できるため、今後の動向に注目です。

現在の日本では、多くの企業で多数の派遣社員が働く時代になりました。職種によっては、ほとんどが派遣社員という職場もあります。そうしたことからも、派遣社員として働くことが特に珍しい事ではなくなったと言えるでしょう。

そしてコロナウイルスの感染拡大後、雇用形態の多用化は確実に進んでいます。これまでは、劣等感や引け目を感じながら派遣社員として働いてきた方もいるようですが、今後はそう感じる機会も少なくなるのではないでしょうか。

派遣社員を望む方が増えていく

近年、派遣社員として働く方が増加しています。自由な働き方をしたいと考える方にとって、派遣で働くというスタイルは魅力的だと感じるようです。

これまで、派遣で働く多くの方が不満に感じていた非正規社員の待遇改善が少しずつ進められていることも追い風となり、将来の自身の夢や独立に向けて、勉強や準備をしながら派遣で働く方も増えているのでしょう。

また、新卒者で派遣社員を希望する場合、履歴書を用意するのは正社員の就職活動と同様ですが、異なるのは学歴が採用にさほど影響しないということです。学歴が採用に影響することは、自身にとって不利だと考える方にとっては、正社員より採用のハードルが低い派遣社員の方がより現実的に感じるでしょう。そうした点も、派遣社員を希望する方の増加につながっているのかも知れません。

正社員から派遣社員

正社員を目指して派遣として働く方がいる一方、正社員から派遣社員へ転職する方もいます。その理由を見てみると、正社員としての仕事のプレッシャーや責任の重さ、休みの少なさ、パワハラ、他にやりたい業種があることなどが主な理由となっています。

実際に転職してみて、「プレッシャーや責任から解放され肩の荷がおりた」「きちんと休みを取ることが出来るようになりサービス残業は一切ない」「やりたいことを目指し、勉強する時間がとれるようになった」という感想も聞かれるようです。

正社員を経験したからこそ、派遣社員のメリットが明らかになるのでしょう。効率よく必要な分だけ働けるのも派遣社員ならではの魅力ではないでしょうか。

ただし、メリットばかりではありません。派遣社員は、正社員に比べて雇用が不安定なことや、年齢が上がるにつれて正社員との年収差が開いてしまう実情は、そう簡単には変わらないでしょう。そういったことも納得の上で、あえて正社員から派遣社員へ転職する方もいるのです。

副業解禁

働き方改革によって副業が解禁になったことも、働き方の多様化を後押ししています。副業に光があたることにより、ダブルワークという働き方も珍しいものではなくなってきました。副業というと、一昔前までは内職というイメージがつきまとうものでしたが、インターネットの普及と共に、副業の種類が圧倒的に増え、副業のイメージも変わりました。

毎日決まった時間に働くということが難しい方にとって、派遣で働いたり空いた時間に副業を行ったりと、上手く時間を組み合わせて就業することが可能になってきたのは大きなメリットでしょう。

また、勤め先での給与が少ないと感じる場合でも副業の収入があれば助けになりますし、万が一失業した場合でも、再就職できるまで無収入という事態は避けられるという安心感があります。派遣で働きながら、副業を行うという働き方も今後はスタンダードになっていくかもしれません。

まとめ

実際に、社内の人材を新卒採用ではなく派遣社員で構成している会社も増えており、こうしたことからも派遣という働き方は、社会全体に認知されてきていると言えます。

そして、今後避けられない労働人口の減少により、派遣社員のような雇用スタイルの労働力はさらに大きな需要が見込まれます。それに伴って、派遣社員という働き方の印象も向上していくことは間違いないでしょう。将来的には、「派遣社員」が通常の働き方として社会に馴染んでいく日も近いのではないでしょうか。

新しい働き方が注目されている昨今、派遣社員という働き方についても今一度見直し、そのメリットを活かして働くという選択肢を選んでみるのもよいでしょう。

ピックアップ求人

【未経験歓迎】パッキンの接着加工などの軽作業
# 交通費支給 # 年齢不問 # 制服貸与 # 学歴不問 # 車通勤可能 # 女性活躍中

製造・組立・検査、軽作業、製造…

【未経験歓迎】パッキンの接着加工などの軽作業

  • 時給1,000円~1,100円…
  • 福島県二本松市 就業先の詳細…
  • 派遣社員
詳細を見る
AM11:30~【シフト制】レンタカーの回送・洗車など
# 交通費支給 # 社員登用あり # 制服貸与 # 即日勤務 # 5名以上募集

軽作業、製造・物流・軽作業、そ…

AM11:30~【シフト制】レンタカーの回送・洗車など

  • 時給1,110円~
  • 福島県福島市 福島駅近郊
  • 派遣社員
詳細を見る
【未経験歓迎】正社員のチャンスあり!大手自動車メーカーでの一般事務
# 交通費支給 # 社員登用あり # 制服貸与 # 学歴不問 # 車通勤可能

事務・オフィスワーク、一般事務…

【未経験歓迎】正社員のチャンスあり!大手自動車メーカー…

  • 時給1,050円~1,150円…
  • 福島県郡山市
  • 派遣社員 ※大手企業で正社員…
詳細を見る
【登録面接会実施】部品の組立、一般事務など
# 資格取得支援 # 高収入 # 交通費支給 # 年齢不問 # 社員登用あり # 制服貸与

製造・組立・検査、食品製造、仕…

【登録面接会実施】部品の組立、一般事務など

  • 時給950円~1,300円
  • 福島県内各地
  • 派遣社員
詳細を見る