派遣の基礎知識

派遣の仕事だからこそ得られる平日休みのメリット・デメリット

2021.09.29

一般的に休日は土・日・祝日をイメージされることが多いですが、全ての仕事がその通りの休みという訳ではありません。飲食店やアパレル、小売業や病院なども場合によっては平日休みの可能性もあります。

転職を検討している方の中には、平日休みの仕事を希望している方もいるでしょう。

そのなかで、派遣の仕事というのは比較的、平日休みが取れやすい傾向があります。
短期や長期など期間によってその自由度はことなりますが、正社員に比べると休み希望が通りやすいことや、派遣先での拘束時間に制約が設けられている場合があるからです。

しかし、平日休みにはメリットだけでなくデメリットも存在するため、事前にきちんと理解しておく必要があります。

ここでは、派遣の仕事だからこそ得られる、平日休みのメリットとデメリットについて詳しく解説します。

平日休みのメリット

平日休みの派遣の代表的なメリットとして考えられるのは、以下の4つです。

  • 商業施設が利用しやすい
  • 旅行に安く行ける
  • 給料が高い
  • 役所や銀行の手続きがしやすい

まず、世間一般的には平日に仕事を行い、土日に休暇を取る人が多いため、商業施設が混雑しやすいのは土日です。反対に、平日は多くの施設が空いているため、快適に買い物などを楽しむことができます。

また、平日と休日ではホテルや飛行機、旅行プランなどの料金が異なるケースが多いです。従って、利用数が少ない平日の場合は、安く旅行に行ける可能性が高いです。

特別手当など支給されるため、土日に出勤することで給料が高くなる傾向があるというメリットも考えられます。

さらに、役所や銀行が開いているのは平日なので、平日休みであれば余裕を持って手続きなどを済ますことができます。

商業施設が利用しやすい

平日休みのメリットとして第一に挙げられるのは、商業施設が混んでいないということです。平日は仕事をしている人が多く、あまり利用する人がいないため、人混みを気にせず買い物や食事などを楽しむことができ、レジなどの待ち時間も少なくなります。

一方、大型ショッピングモールの場合ですと、休日は家族連れやカップルなどで賑わいます。施設内にあるレストランやカフェなども混雑し、食事を取るにも時間がかかります。
また、食品売り場のレジに行列ができ、購入する際に長い時間待たなければいけないケースも少なくありません。

もちろんショッピングモールだけでなく、映画館やテーマパーク、水族館なども人が集中しやすいのは土日となります。

旅行に安く行ける

土日よりも平日の方が安く旅行に行ける理由には、ホテルや飛行機などの値段が関係しています。これらの値段は一般的に多くの人が利用する日程で高くなり、あまり利用する人がいない日程では安くなります。従って、混雑しやすい土日や祝日は値段が上がり、混雑しにくい平日には値段が下がるのです。

特に、ゴールデンウィークやお盆などの連休は差が出やすい傾向があり、実際に連休の期間中と連休明けを比較すると、価格に2倍以上の差が付いていることもあります。

さらに、旅行先で利用する飲食店やレジャー施設などで、平日割引が適用されることも少なくありません。それらの割引のことも考慮すると、平日の旅行は非常にお得だといえるでしょう。

給料が高い

派遣の仕事では、休日出勤すると手当が支給される場合があります。

たとえば、シフト制が採用されている販売業や飲食業などの場合は特別手当がもらえるところがあり、土日のシフトに入った際に、時給に数パーセント分上乗せされ給料として換算されます。
その場合、平日と同じ時間働いた場合と比較すると、もらえる給料が多くなるのです。

ただし、全ての企業や店舗などで特別手当が支給されるとは限りません。派遣会社によって異なるため、事前にしっかりと確認する必要があります。

また、派遣の仕事が平日休みだから給料が高くなるわけではないので、派遣先の給料や手当の仕組みをしっかり把握しておきましょう。

役所や銀行の手続きがしやすい

役所や銀行などは、原則として平日しか開いていません。また、夕方頃に閉まるところも多いです。そのため、休みが土日だけの場合は平日に有給を取り、手続きに行かなければいけません。有給が取れなかった場合は休憩時間に役所に行く必要があり、休憩が手続きをするだけで終わってしまうことも考えられます。

さらに、平日の昼休憩の時間帯には多くの会社員が役所や銀行を利用しているため、混雑しており時間がかかる可能性も高いです。

一方平日休みの場合は、役所や銀行が開いている日や時間帯に、自由に行くことができます。そのため、わざわざ有給を取らなくても手続きができるので、時間に余裕を持つことができ、手続き自体もスムーズに完了します。

平日休みのデメリット

平日休みの派遣の代表的なデメリットとして考えられるのは、以下の3つです。

  • 連休がとりにくい
  • 家族や友人と予定が合いにくい
  • 行事ごとにあまり参加できない

平日休みは、1日だけの休みが週に2日あるようなケースが多く、連休がとりにくい傾向にあり、仕事の疲れが完全に取れないと感じる方もいます。

また、家族や周りの友人が土日休みの仕事をしている場合は、予定が合いにくく相手に有給を取ってもらう必要があるため、なかなか会えないことも考えられます。

さらに、季節などの行事は主に土日に開催されることが多いため、仕事が休めずに参加できないことが多くなり、子どもがいる場合は幼稚園や学校の行事に参加しづらくなります。

連休がとりにくい

シフト制が採用されている平日休みの仕事は、サービス業や飲食業が多いです。そのため、連休がとりにくい可能性が高いです。これらの業種は大型連休が繁忙期であり、休むこと自体が難しく、大型連休中に連休をとることは困難といえます。

また、通常の平日も連休はとりにくいです。派遣先が飲食店や販売店などの場合は、定休日がないケースが多く、休みがとれても1日単位になりがちです。

ただし、従業員の数やシフトの組み方などによって状況は異なるため、連休が必ずしもとれないという訳ではありません。勤務先に確認してみましょう。

家族や友人と予定が合いにくい

自分が平日休みだとしても、家族や友人は仕事をしているというケースがよくあります。その場合、予定を合わせることがとても難しく、土日休みの仕事をしている人が平日に休みを取るには、有給を使う、もしくは土日出勤の代休を利用する必要があるため、頻繁に平日休みを取得することは難しいと考えられます。

また、平日休みの仕事をしている人が、土日に休みを取ることも簡単ではありません。土日が休みでない業種は、土日が繁忙期であることが多いためです。

その結果、家族や友人と休日を合わせることが難しく、一緒に外出や食事に行くことができないケースが多いでしょう。

行事ごとにあまり参加できない

行事ごとは土日に開催されることが多いため、土日に仕事がある場合は参加が難しいかもしれません。例えば、運動会などの学校行事は一般的な休日に合わせて開催されることが多く、ふまえて参観日も保護者の休みに合わせて土曜日に行っている学校が増加しています。そのため、子どもが活躍している姿をあまり見ることができない可能性があります。

また、結婚式などの行事も土日に合わせて行う人が多く、こちらも出席が困難です。友人や親戚などの結婚式に参加したいのであれば、あらかじめ休みを取るための申請手続きなどを行う必要があります。

さらに、多くのコンサートや商業施設のイベントなども土日に開催されています。よって、それらのイベントにもあまり参加できないでしょう。

まとめ

平日休みの派遣の仕事には、さまざまな場所が空いている、旅行に安く行けるなどのメリットが考えられます。特別手当が付く派遣会社であれば給料も高くなるでしょう。しかし、連休がとりにくい、家族や友人となかなか休みが合わないなどのデメリットも存在します。どのような休日を誰と一緒に過ごしたいのかを考慮し、派遣会社を上手に選んでください。

ピックアップ求人

にわとりのお世話【未経験者歓迎!男女ともに活躍中】
# 交通費支給 # 年齢不問 # 制服貸与 # 学歴不問 # 車通勤可能

軽作業、製造・物流・軽作業、そ…

にわとりのお世話【未経験者歓迎!男女ともに活躍中】

  • 時給1,100円~
  • 福島県伊達市梁川町
  • 派遣社員
詳細を見る
【短期】小型モーターの組立/~12月まで
# 交通費支給 # 年齢不問 # 制服貸与 # 学歴不問 # ママさん活躍中

製造・組立・検査、製造・物流・…

【短期】小型モーターの組立/~12月まで

  • 時給1,050円~
  • 福島県福島市渡利
  • 派遣社員
詳細を見る
【未経験歓迎】パッキンの接着加工などの軽作業
# 交通費支給 # 年齢不問 # 制服貸与 # 学歴不問 # 車通勤可能 # 女性活躍中

製造・組立・検査、軽作業、製造…

【未経験歓迎】パッキンの接着加工などの軽作業

  • 時給1,000円~1,100円…
  • 福島県二本松市 就業先の詳細…
  • 派遣社員
詳細を見る
【登録面接会実施】部品の組立、一般事務など
# 資格取得支援 # 高収入 # 交通費支給 # 年齢不問 # 社員登用あり # 制服貸与

製造・組立・検査、食品製造、仕…

【登録面接会実施】部品の組立、一般事務など

  • 時給950円~1,300円
  • 福島県内各地
  • 派遣社員
詳細を見る