転職コラム

転職を上司に伝えるタイミングと方法|ベストな時期はいつ?

2021.02.18

転職を考える際、上司に相談すべきか、報告のタイミングや方法はどうすればいいのかと悩む方は多いのではないでしょうか。転職について上司へ伝える際は、時期と伝え方が非常に重要です。自分の意思は明確に伝えつつ、企業や上司には迷惑をかけない方法を確認しておきましょう。

転職する際には上司に相談するべき?

転職する際は上司に相談すべきか迷う人が多いですが、相談だけの段階であれば、打ち明けるかどうか慎重に検討することをおすすめします。自分自身が迷っている段階で、上司に打ち明けることで答えがでるとは考えにくいです。相談するということはデメリットも伴うということをよく理解しておきましょう。

心から信頼できる上司であれば別ですが、しっかりと転職の準備をした段階で、直属の上司に報告するのがいいでしょう。まずは転職の意思や日程を細かく確認し、意思が固まったところで上司に報告します。

信頼できる上司に相談する場合、伝える内容やアポは丁寧に取ります。またどれだけ信頼関係が築けていても、転職に関する相談をすることで変化が起こる可能性があることを知っておかなければなりません。

上司に転職の伝える前にやるべきこと

上司に転職の意思を伝える前にやるべきことは、自分の意思を固め、理由などを明確にすることです。

以下の4つをしっかり考えましょう。

1.自分の意思を固める
2.退職理由を明確にする
3.どうキャリアを積みたいかを明確にする
4.退職希望日を決める

一度転職の意思を伝えてしまったら、もう後戻りはできません。万が一転職を取り消すことになったとしても、「一度転職を考えた人」と見られてしまいます。そうなった場合、印象は良くありませんし、昇進や給料に関係してくることもあり得るでしょう。自分の意思に相当程度の確実性があるのか、まずはしっかり確認します。転職する理由や、自分のキャリアについてもこの段階で明確にします。

意思が固まったら退職希望日を考えましょう。法律上退職する2週間以上前に退職する旨を告知することとなっていますが、会社の状況を考えて余裕を持った日程を設定するのが良いでしょう。目安としては約2~3か月後が会社にとっても、自分にとっても良いはずです。

転職の報告は直属の上司にする

転職の報告は直属の上司にします。直属の上司以外に報告するのはマナー違反です。事前準備で決めたように退職希望日から2~3か月は余裕を持ち、報告できる機会をつくります。会社の繁忙期は極力避け、就業後等直接話し合える時間を確保しましょう。報告は口頭で直接、1対1で行うのが良いです。

また報告するときは伝え方も重要です。いきなり「辞めます」といった意思のみ表示するのは印象が良くありません。できる限り丁寧に、理由も添えて話すようにしましょう。転職理由は個人的な都合が良いです。遠回しな言い方は避け、自分の意思をはっきりと伝えます。

転職を上司に伝えるメリットとデメリット

転職を上司に伝えることにはメリットとデメリットがあります。

メリットとしては信頼できる上司であれば、アドバイスがもらえるということが考えられるでしょう。会社や仕事の状況について理解してくれている人からのアドバイスは一番参考になります。信頼関係ができていれば、会社の都合だけでなく、個人の都合も考慮したアドバイスをもらえる可能性があるため、悩んでいる人にとっては良い後押しとなるでしょう。

逆にデメリットとしては相談することで印象が悪くなる可能性があるということです。相談段階というのはまだ転職することが確定していない状況だと思われます。その段階で相談し、万が一転職しないことに決まった場合、転職を考えている人だという印象は消えません。今後の仕事関係にも亀裂を生む可能性があります。どうしても相談する人がいないという場合は転職エージェントに相談してみましょう。会社にバレる可能性も少なく、またプロによる的確なアドバイスがもらえます。

転職を上司に伝えるタイミングと方法は?

転職を上司に伝えるにはタイミングと方法が重要です。タイミングや方法を間違えれば上司からのイメージも悪くなり、転職の手続きもスムーズにいかなくなる可能性が出てきます。転職を伝えるというのは会社にとっても非常に重要なことであるため、日程的に余裕をもって、直接コミュニケーションをとるようにしましょう。詳しい方法と手順を以下で紹介していきます。

上司に転職を伝えるタイミングと方法

上司に転職を伝えるときは、口頭で、1対1で行いましょう。アポを取る際は、退職日から余裕を持った日程を設定し、相手の都合も考慮して、閑散期にお願いするのがベストです。繁忙期であれば上司との都合が合わなかったり、何度も先延ばしになってしまう可能性が出てきます。

報告する相手は直属の上司にしましょう。直属の上司を飛び越えて報告してしまうのは、マナー違反です。直属の上司を飛び越えての報告は不信感を抱かれるでしょう。

実際に転職の意思を伝える際は、丁寧に、明確に、を心がけて話します。転職理由はあくまでも個人的な都合にするのが良く、また同時に感謝の言葉も伝えると印象が良いです。間違っても会社の不満等はこぼさないようにしてください。

上司に引き留められた場合はどうする?

上司に転職を引き留められた場合、動揺せず転職の意思をはっきりと伝えるようにします。どのように引き留められるかはわかりませんが、どういった場合でも事前に確認しておいた自分の意思を曲げないことが重要です。自分自身の意思が伝わっていなかった場合、丁寧に説明することで理解してもらえるでしょう。

また企業の都合で引き留められている場合は、相手にも止める権利がないため、自信をもって転職の意思を伝えます。引き留められることで会社に罪悪感を抱くケースもありますが、これが原因で転職を諦めるということはないでしょう。引き留められた場合、感情的にならないよう気を付けてください。

また転職先について質問してくる可能性もあります。競合他社への転職である場合、明言は避け、転職先については言わないのがベターです。

転職を考え始めたら上司に伝えるべき?

転職を考え始めたらすぐに上司に伝えるべきか迷うと思いますが、伝えるべきかどうかはケースバイケースであるため慎重に検討しましょう。一般的に転職する意思を初めに伝えるのは直属の上司になりますが、考え始めの段階ですぐに話してしまうのはデメリットが大きいです。上司と信頼関係ができている場合は良いですが、早すぎる段階での相談は自分がスッキリすること以外良いことがあまりありません。

例えば軽い相談のつもりで話したとしても、その時点で上司にとっては「転職を考えている部下」という印象に変わってしまいます。転職を考えている人を積極的に活用していこうという考えにはならないため、今後がまだわからない状態で話してしまうのはリスキーではないでしょうか。

会社の上司として、親身に相談に乗ってくれたり、アドバイスをもらえるケースもあり得ます。すべてがすべてデメリットになるわけではないため、ケースバイケースで判断しましょう。ただし判断は慎重に行ってください。

まとめ

転職を上司に伝えるにはタイミングと方法が重要です。自分の意思をはっきりと持ち、上司や会社に迷惑がかからない時にはっきりと意思を伝えます。この方法次第でその後の立ち振る舞いも変わるため、転職を考えている方は確認しておきましょう。また確定済みの報告以外の相談等はメリット、デメリットがあるため、注意深く検討してください。

ピックアップ求人

【未経験歓迎】パッキンの接着加工などの軽作業
# 交通費支給 # 年齢不問 # 制服貸与 # 学歴不問 # 車通勤可能 # 女性活躍中

製造・組立・検査、軽作業、製造…

【未経験歓迎】パッキンの接着加工などの軽作業

  • 時給1,000円~1,100円…
  • 福島県二本松市 就業先の詳細…
  • 派遣社員
詳細を見る
倉庫内作業【フォークリフト資格取得支援・正社員登用制度あり】
# 昇給あり # 資格取得支援 # 交通費支給 # 年齢不問 # 社員登用あり

仕分け・梱包・ピッキング、フォ…

倉庫内作業【フォークリフト資格取得支援・正社員登用制度…

  • 時給1,030円~
  • 福島県福島市
  • 派遣社員
詳細を見る
生産管理事務【正社員登用予定】
# 昇給あり # 高収入 # 交通費支給 # 社員登用あり # 学歴不問 # 車通勤可能

事務・オフィスワーク、一般事務…

生産管理事務【正社員登用予定】

  • 時給1,200円~
  • 福島県二本松市
  • 派遣社員
詳細を見る
ジュースの検品作業
# 高収入 # 交通費支給 # 年齢不問 # 制服貸与 # 学歴不問 # ママさん活躍中

食品製造、製造・物流・軽作業

ジュースの検品作業

  • 時給1,100円~
  • 福島県伊達市梁川町
  • 派遣社員
詳細を見る
ピッキング&データ入力業務/土日祝休み
# 昇給あり # 交通費支給 # 年齢不問 # 社員登用あり # 制服貸与 # 学歴不問

一般事務、仕分け・梱包・ピッキ…

ピッキング&データ入力業務/土日祝休み

  • 時給1,000円~ 
  • 福島県伊達郡国見町
  • 派遣社員
詳細を見る